メガリス処方

メガリスを利用して勃起不全の症状を緩和させたい方は当サイトをご覧ください。

メガリスを日本で販売できないのは国債特許の問題

メガリスは日本のクリニックでは販売することができません。
メガリスはシアリスのジェネリックですが、シアリスには国債特許がまだ残っているのです。
特許が切れるまでは日本では販売できず、入手方法は個人輸入以外にはないわけです。
メガリスをどうやって入手するか悩む男性
インドではメガリスの製造・販売が可能ですが、これは国債特許という概念がないからです。
他国では製造・販売ができなくても、インドならば可能なのです。
そのため、ジェネリックED治療薬の多くはインドで製造されているわけです。

医薬品の研究・開発には、数十億円~数百億円という莫大な資金が必要となります。
医薬品の原価自体は非常に安いのですが、研究・開発の費用を相殺するために価格が高くなってしまうのです。
他社がジェネリックを販売することは、先発薬を開発したメーカーにとって多大な損失となります。
同様の効果が得られるジェネリックが登場すれば、自社の売上が他社に流れることになります。

シアリスの特許はまだ残っているため、日本でシアリスのジェネリックを入手できるのはずっと先のことです。
現在、ジェネリックの販売が可能なのはバイアグラのみです。
レビトラやシアリスのジェネリックに関しては、個人輸入しか購入ルートはありません。

インド製のメガリスは、シアリスと同様の効果と副作用があります。
シアリスの処方を受けたことがあるなら、同じ用法・用量で服用してください。
はじめてメガリスを購入される方は、販売元が信頼できる業者か調べる必要があります。
個人輸入で売られるED治療薬の5~6割程度は偽物という結果が出ているので、怪しい業者から取り寄せてはいけません。
個人輸入は自己の判断で購入できる反面、承認薬に認められる救済制度はないのです。