メガリス処方

メガリスを利用して勃起不全の症状を緩和させたい方は当サイトをご覧ください。

高血圧性腎疾患患者は、服用出来ないメガリス

メガリスは、バイアグラやレビトラに続く、ED治療薬として日本国内で市販化されています。
新薬の研究と開発には、長期にわたる計画に基づいて多くの費用と多くの時間が使い商品化しています。その為に、新薬の市販化する際には、医薬成分や医薬、製法、製剤の4つの特許申請を各国で行い、特許の期限である20年から25年(追加)が経過するまで、同一成分の医薬品の市販化が出来ない様に法的手段を講じておきます。
印度では、医薬成分に関する特許が認められていない為に、新薬でも後発医薬品として安価に売られています。
特徴としては、バイアグラの効果が約4時間程度、レビトラの効果は薬剤量により4時間から8時間程度とされていますが、メガリスは36時間効果が継続します。その為、メガリスには、服用する時間や食事の時間など厳守すべき制限が無く、一般的に食事の時間や食事の量を気にする必要が無いとされています。
メガリスは、バイアグラの様に30分から1時間程度かけて効果が現れますが、レビトラは15分から30分程度で効果が現れるので、即効性ではレビトラより劣っています。
メガリスは、より自然な形で長い時間効果を示す事も有り、血管拡張効果による顔のほてりや鼻づまり、頭痛や動悸などの副作用も割と少ないとされています。メガリスは、前回の服用から1日以上の間隔があれば、問題無いとされています。
最も多い副作用は、血管拡張剤の効果による頭痛や顔の火照りです。
又、170/100mmHg以上の高血圧性腎疾患やα遮断薬などの降圧薬を服用している方、6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を経験した方、重度の肝障害や腎障害の方、進行性の夜盲などの網膜色素変性症の方、整脈や低血圧症の方、高血圧症の方、脳梗塞、心筋梗塞や心不全を患った経験のある方の服用は厳しく禁じられています。